家族葬

ご臨終から葬儀社への連絡まで

故人がもしご臨終されたら、すみやかに家族葬に移らねばいけません。その流れと手順をご説明します。 まず、基本的な流れとして、故人が危篤状態だと主治医らから連絡が入った場合、家族をはじめ会わせたい人に時間を関係なく連絡を取るのが手順です。この際、もし深夜の場合は「夜遅くて誠に申し訳ございませんが・・・」という断りを一言、必ず入れましょう。 そして、いざご臨終の時、その瞬間が来るとわかってはいても少なからずショックと悲しみに陥るでしょう。しかしここで家族葬への手配をしなければいけません。病院で亡くなった場合、看護婦さんが「エンジェルケア」、身体をきれいに拭いて着替えさせてくれるので、その間で冷静に段取りを進めましょう。 また、病院から死亡診断書を受け取るのも忘れずに。 一方、病院で亡くなった場合、遺体を長時間安置してもらえないので、寝台車を手配して遺体を搬送しなければいけません。この時、葬儀社に連絡を取り、寝台を手配してもらいます。葬儀社には、病院名と住所、亡くなった人の氏名、搬送先の住所を伝えます。安置するための段取りや布団なども用意してもらいます さらに、枕経をお願いするなら、菩提寺に連絡を取る必要も。もし菩提寺がなければ葬儀社に紹介してもらう手もあります。