家族葬

一般葬との形式的な違いについて

家族葬と一般葬にはさまざまな違いがあります。 家族葬が一般葬より違っていい点は、まず、家族や親族、親しい知人だけの葬儀で、義理で参列することがなくゆっくりお別れできて気兼ねのいらないことです。また、高額で派手な葬儀でなく、シンプルで上品な葬儀ができ、無駄な葬儀費用の出費も抑えられます。そして、葬儀の内容や段取りなどが家族中心で決定できること、会社関係や町会などに準備や手配などで声をかけなくて済みます。 一方、家族葬と一般葬との形式的な違いにスポットを当てても、いくつかの点が挙げられます。 まず、香典の辞退です、列席者が家族や親族、故人と特に親しかった知人のみだと香典が辞退されるケースが多いようです。また、会葬者が少なく身内のみだと、会葬礼状もないことも。そして、通夜供養や葬儀供養も通常、ありません。 さらに、よく式場前に立っている大きな看板、名木といって「故○○の葬儀 告別式 会場」などと書いてありますが、これも家族葬では立てないのが普通。そして、黒い霊柩車も目立つので、白の寝台車で出棺することも多いようです。 あと、会場設営で指さし看板を出さないことも家族葬では多々見られます。忌紙も貼らないようです。 そして通常の一般葬では祭壇に置くお棺も、家族葬ではひつぎを縦に置いてまわりを椅子で囲むスタイルで配置されます。