家族葬

故人と家族が主体の葬儀

家族葬は、ただ単に一般的な葬儀の規模を小さくしただけのもの、ではありません。確かに、葬儀費用は抑えられるのはメリットですが、ほかにも故人に関わるさまざまなメリットがあります。 例えば、一般的な葬儀は、葬儀会社が主体となるでしょう。まるでマニュアル通りに進めるがごとく、多額の費用を支払ったのに淡々と進めていくスタイルに戸惑う人もいるかもしれません。 一方、家族葬はというと、あくまで故人と家族が主体の葬儀スタイルです。シンプルであまりお金をかけず、しかし心温かく故人をお送りする葬儀です。 家族葬の列席者は、家族や親族、親しい知人のみ。一般的な葬儀でありがちな義理での参列がありません。そのため、少人数で故人とゆっくりお別れできますし、会社関係や町内会などへの気兼ねもいらないでしょう。 また、家族葬は準備や手配も、シンプルな葬儀なのでとても簡単なのもメリットです。特に、故人との限られたお別れの時間を大切にすることができます。 一般的な葬儀だと、どうしてもバタバタしがちで、各方面へのあいさつに追われ、お通夜や告別式、火葬して拾骨まであっという間で、そして故人との別れをじっくりできないまま、一気に過ぎ去って行ったということになりがち。家族葬ではその心配も無用です。