家族葬

家族葬の流れや費用

昨今、さまざまな葬儀スタイルが広がりつつあります。家族葬や通夜葬、直葬、密葬、民生葬、海洋や里山への自然葬など、昔ながらの葬儀にこだわらない人々が出てきているのも、時代の流れなのでしょう。 その中で、家族葬は最も人気のある新たな葬儀スタイルの1つです。 家族葬の流れとして、まず葬儀の内容の決定に家族が十分に関わります。そして、納棺や出棺などをできるだけ家族の手で行います。また、参列者は家族や親族、特に故人と親しかった友人らが中心です。 そして、香典については、一般的な葬儀では当たり前のことでも、家族葬では辞退することも。ただし、無理に断るのではなく柔軟に対応しましょう。 一方、家族葬は、宗教葬か無宗教葬か、式場の場所にも特にこだわらないのも特徴です。 さらに、最も気になるのが家族葬の費用でしょう。一般的には35万円から40万円が相場といわれています。ただし、式場費、お布施などの聖職者費、お清めや精進落としなどの食事費、火葬費を除いた金額です。 ちなみに、式場費は民間で10万円から25万円ほどかかります。そして聖職者費は宗派によって異なり、17万円から30万円程度。食事費はお清めが1人2,000円から、精進落としが1人3,000円から。火葬費は公営だと0円から2万円、民間だと5万円ほどです。