家族葬

家族葬のメリットとデメリット

ここ数年で広がりつつある新たな葬儀スタイルの1つが「家族葬」です。その家族葬には、一般的な葬儀と比べるとさまざまなメリットとデメリット、両方があります。 まず、家族葬のメリットはというと、静かに故人とお別れできることです。列席者は家族や親族、特に親しかった友人ら、故人をよく知る人々のみでお送りするので、故人に対する気持ちを共有できるだけでなく、家族や親族らの絆も強めることができるでしょう。 また、会葬者へのあいさつもそれほど多くなく、無駄な出費も抑えられます。一般的な葬儀の場合、小規模でも仏式だと100万円はかかりますし、列席者が多いとあいさつだけでドッと疲れてしまいます。 一方、家族葬にはデメリットも少なからずあります。まず「家族葬」というスタイルがまだ一般に十分浸透していないため、親戚らに家族葬で行うことに理解してもらう難しさがあるかもしれません。そして、一般的な葬儀に慣れている人にとって、家族葬があまりに小規模で寂しく感じられることもあるようです。 家族葬への理解を深めてもらうには、なぜ家族葬を行うのか、家族葬のメリットなどをしっかり親戚らに説明して理解してもらうのが大事です。