家族葬

家族の手で故人を送る葬儀

最近、家族葬を行うケースが広がりつつあります。一般的に葬儀というと、故人に関わるあらゆる人々、家族や親族から、学生時代や職場での友人・知人・先輩・後輩、さらに近所の人々まで、とにかくたくさんの人が参加して大がかりで、といったイメージがあります。一方で、家族葬はあくまで家族や親族、親しかった知人のみが参列する葬儀で、ただ小規模な葬儀というだけでなく、さまざまなメリットがあります。 家族葬は、家族の手で故人を送りだすことがメインの葬儀といえます。一般的な葬儀だと、葬儀社が主体で、マニュアル通りに進めるがごとく、淡々と進められて終わり、といった感じになりかねません。しかし、家族葬は、莫大な葬儀費用が抑えられるだけでなく、限られた人数で故人とじっくりお別れができることも好評です。また、子どもが小さくて動きが取りづらい家族などにも評判がいいようです。 もし故人が家族葬を生前に希望するなら、事前に葬儀社に家族葬を行いたい旨を伝え、おおよその予算と流れを打ち合わせしましょう。特に、家族葬に対してしっかり相談に乗ってくれる葬儀社に頼むのが大事です。 葬儀は、故人を送る最後のセレモニーです。決して高額で派手な葬儀が誰もがいいとは限りません。小規模でも予算が限られていても、家族ならきっといい葬儀にできるはず。故人を思う家族や知人の想いが伝わると思います。