家族葬

一般的な葬儀と家族葬の違い

最近、亡くなった人を偲ぶために、一般的な葬儀ではなく、家族葬を選択する動きが広がっています。 では、この家族葬と、一般的な葬儀には、いったいどういった違いがあるのでしょうか。 まず、家族葬は、わかりやすく言うと、故人を知る人たちが参列する葬儀、といえます。通常の葬儀は、故人と地域社会、職場社会とのお別れの場であると同時に、その家の代替わりを象徴する儀式でもありました。昔からその流れが現代でも続いているため、家族から親戚、職場仲間や学友たち、さらに最近はほとんど会ったことのない知り合いや地域住民まで多数が参加して、大規模なものになりがちです。 一方、家族葬はというと、大きな違いとして、故人との別れのみにほぼ特化した葬儀といえます。故人を知る人という枠にくくると、家族や親族、故人の特に親しかった友人のみになるでしょう。そして葬儀も小規模になります。 葬儀の規模が小さくなると、費用も一般的な葬儀に比べるとかなり違いが見られます。この点も家族葬が人気となる1つの理由です。 また、通常の葬儀には「お通夜」があり、焼香を終えた会葬者が次々とお清めどころに入っていくとなかなか落ち着かない雰囲気になりがちですが、家族葬の場合、参列者全員が葬儀式場内に着席した後、全員で一緒にお清めどころに移動しますし、派手さもありません。