家族葬

家族葬でよくあるトラブル例

家族葬を行うと決めていても、いざその時を迎えると頭が真っ白になり、無気力になり、判断力も鈍りがちになります。そして、事前に家族葬へ向けての準備していてもトラブルが起きないとも限りません。 例えば、故人が亡くなった病院が勝手に葬儀社の手配をしてしまうことがあります。 よくあるパターンとして、病院から本来、自宅に戻るはずだったのに、手違いで葬儀会館に勝手に搬送されてしまう場合です。この場合の解決法としては、故人の遺言によって家族葬であることと自宅に戻ることを葬儀会館に伝えましょう。もし良心的な葬儀社なら、病院からの寝台車料金と遺体安置の布団代のみの請求だけで、快く受け入れてくれるはずです。 どうしても身内がなくなると、ショックも大きいでしょうし、それまでの疲労がどっと来るでしょう。強い精神力を持って家族葬を最後まで進めていくのには大変なエネルギーが要りますが、妥協せず、自分の意志を持って最後まで貫いて行く姿勢が大事です。トラブルやハプニングに巻き込まれるとさらに混乱してしまって流されてしまいがち。 家族葬は、家族がメインで進める葬儀です。もしトラブルが起きても早期解決できるよう、事前の準備はしっかり行っておくにこしたことはりません。