家族葬

家族葬を行った後の手続き

家族葬を含む葬儀を一通り行った後、さまざまな手続きをする必要があります。以下、もしもの時に慌てないよう、家族葬の後に必要な手続きをリストアップしました。 まず「生命保険の受け取り手続き」です。そして「国民年金(遺族基礎、寡婦、死亡一時金)の受取りのための裁定請求」も必要。「労災による死亡の遺族補償年金一時金の受取り手続き」も忘れてはいけません。さらに「埋葬料または葬祭費の受取り手続き」「医療費控除による税金の還付手続き」も行いましょう。 続いて「雇用保険の資格喪失届」「故人の所得税の確定申告」も、もしまだ故人が会社や自営業などで働いていたら必要です。そして「納骨時の埋葬許可書(火葬許可書)」も。「遺産分割協議書の作成」「扶養控除異動申告」「非課税貯蓄の死亡申告」「所有権移転登記・登録」「相続税の申告」「借地・借家の契約」と、やるべき手続きはたくさんリストアップされます。 もちろん「株式、社債、国債、会員権の名義変更」「貸付金、借入金の権利移転、債務継承通知手続き」「銀行預金、郵便貯金の引き出しと相続手続き」「自動車税の納税義務消滅の申告」「NHK、電気、ガス、水道等の銀行引き落しの口座変更」なども、本人名のものがあれば、速やかに手続きしないといけません。 さらに「運転免許証、各種免許証等の返却」「バッジ、身分証明書、無料バス証等の返却」もそれぞれ必要です。「電話加入権の継承手続き」「特許、商号、商標意匠権等の相続手続き」「クレジットカードの失効手続き」なども忘れてはいけません。