家族葬

自筆証書遺言と秘密証書遺言

いくら家族葬であっても、故人が遺言を残していれば、それを尊重しなければいけません。特に、故人自らの遺産の相続を生前に意思表示しておかないと、死後、相続がスムーズに行かない場合が多々あり、遺産を巡る相続問題は泥沼化しかねません。 遺言は大きな意味を持ち、法律的に保護されます。しかし、その遺言を有効にする手続きを経ないと無駄になってしまうので注意が必要です。 実は、遺言には3種類あります。 まず、自筆証書遺言です。本人が、本文全文を自筆で書いたものです。日付と指名を記して捺印します。本人の死後、家庭裁判所で検認の手続きが必要です。 そして、秘密証書遺言もあります。遺言する本人が、公証人役場に出向いて、証書に内容を記載して署名、捺印した上で、証書に封をして同じ印鑑で封印するものです。公証人1名、証人2名以上の前で提出する際、自分の遺言であることと住所と氏名を告げます。公証人が封紙に日付と一緒に記録して、本人と証人が一緒に署名、捺印して作成します。本人の死後、家庭三番所で検認の手続きが必要なのは、自筆証書遺言と同様です。 さらに、本人が公証人役場に出向いて、証人2名以上の立ち会いの上、遺言内容を話して公証人が筆記するという遺言もあります。