家族葬

菩提寺との打ち合わせ事項

死は突然やってくることがあります。また、あらかじめ事前に死を覚悟していても、その瞬間が訪れた時は、思わず頭が真っ白になってパニックになったり、無気力になったりしてしまう場合も。とにかく落ち着いて家族葬に向けての流れを運ぶためには、事前の打ち合わせが欠かせません。 今回、もし菩提寺がある場合、その寺との打ち合わせで大切となる事項をまとめました。たとえ家族葬であっても寺との打ち合わせは欠かせません。 まず、亡くなった際、お寺に電話をします。そして、通夜と葬儀の日時を伝えて、寺の都合を聞きます。いざという時のために、寺の電話番号はすぐ取り出せる場所にしっかりメモしておきましょう。 そして、寺の都合を聞いてから、枕経をお願いする寺との打ち合わせを行います。 寺への連絡事項としては、通夜の日時と式場、葬儀の日時と式場、初七日法要の有無と、もしあれば日時と式場を伝えます。 さらに、戒名をつけてもらうか否か。また、火葬場に同行してもらう際、自家用車で行くのか、もしくはタクシーの手配が必要かも聞いておきましょう。 一方、弔電があれば弔電の数を、参列親族の数がわかっていればその人数も、お寺には伝えておいたほうがいい事項です。