家族葬

家族葬にかかるおおよその予算

葬儀を家族葬で行うことに決めた理由で最も多いのが、一般の葬儀よりも費用を低く抑えられることです。そのため、家族葬でいったいどれくらいの予算を組めばいいのか、費用はどれほどかかるのか、とても気になるところではないでしょうか。 家族葬に必要な予算は3つに分けられます。葬儀費用、お料理費用、宗教者へのお礼(お布施)です。もし、葬儀費用が安くても、宗教者へのお布施が高くつくこともあるので、葬儀にかかる予算は事前におおよそ把握しておきましょう。 まず、葬儀費用はというと、寝台車によるお迎え・搬送、ドライアイスの処置、枕飾り、棺・骨箱・線香・ろうそく、祭壇、供花、通夜・葬儀の返礼品、お茶、式場使用料、スタッフ人件費、霊柩車、火葬料などです。 そして、お料理とは、通夜終了後の通夜ぶるまい、弔問してくれた人に食事を出すことです。地域や業者、料理内容によってかかる費用も違うので事前に見積もりを取っておいた方がいいでしょう。精進揚げの料理で1人当たり4,000円ほどといわれています。 さらに、宗教者へのお布施は宗派によって違いますが、平均的に通夜と葬儀の読経で15万〜20万円ほどです。さらにお車代、お膳料、枕経、初七日法要、戒名などがかかります。