家族葬

家族葬の事前リストアップ内容(1)

もし、家族葬を行うと決めた場合、あらかじめ事前に考えて決めておいた方がいい事項がいくつかあります。死は突然やってくることもあり、また心構えをしていてもその瞬間は頭が真っ白になることもあります。事前にリストアップしておくべき内容をまとめました。 まず、参列者の人数です。10人まで、20人前後、30人前後、40人前後、50人前後とおおよそ5つのパターンから考えて決めておきましょう。 次に、参列してもらいたい人の氏名をリストアップ。例えば、参列する家族の名前、参列する親族の名前、親しい友人・知人の名前、といった感じになるはず。 そして、家族葬の種類もできれば事前に決めておかないといけません。仏式葬儀、神式葬儀、キリスト教葬儀、あるいは無宗教、お別れ会など。 また、家族葬を執り行う場所も必要です。例えば、葬儀会館、寺院、地域の集会所や公民館、自宅、ホテル、さらにそれ以外のケースもあるかもしれません。使用料もそれぞれ違うので、場所は事前にしっかり調べておくこと。 さらに、家族葬で喪主になって欲しい人もできれば事前に決めておきたい内容の1つ。たいてい配偶者や息子、娘ですが、その他の人物の場合もまれにあります。