家族葬

葬儀費用の節約方法

家族葬を選んだ理由で最も多いのが、経済的理由です。そのため、できるだけ葬儀費用を節約したいはず。その節約方法をご紹介します。 まず、式場の選択です。最近、市立斎場に式場が併設されているのが増えています。式場使用料も安く、しかも斎場なので霊柩車やマイクロバスも必要ありません。ここで数万円から10万円の差が出てきます。 一方、地域の集会所や公民館もおすすめです。使用料金が民間の式場に比べて格段に安く、葬儀費用を確実に節約できます。 ただし、市立斎場の式場などで注意すべきことは、真夜中や深夜に遺体を搬送することができないことです。もし真夜中に亡くなった場合どうするかも事前に考えておかないといません。自宅にいったん遺体を戻すべきか、病院の霊安室で朝まで安置可能かどうか、事前に相談しておきましょう。集会所などの場合、鍵の置き場所や夜中での対応なども前もってリサーチが必要です。 あと、霊柩車についても、葬儀費用の節約方法で左右するポイントです。霊柩車は式場からの距離と車種によって料金が違います。家族葬の場合、寝台車で出棺ということも多々あるので無理に高額な霊柩車を使う必要はないでしょう。 さらに、葬儀人件費も、家族葬なら葬儀社に頼むスタッフ数も最小限でいいはず。無駄な人件費は抑えるにこしたことありません。