家族葬

葬儀社を選ぶポイント(1)

高額な一般葬でも低価格な家族葬でも共通なのが、葬儀社の姿勢です。どちらの葬儀も手間がかかるので、葬儀社はどうしても高額な一般葬のほうを優先し、低価格の家族葬を軽んじがち。家族葬にこだわるなら葬儀社が親切で丁寧かどうかが選ぶポイントになります。 まず、実際に葬儀社に会い、事前の相談を受け入れてくれるかがポイント。突発的に起きる葬儀での理由以外で快く会ってくれない場合、その葬儀社を選ぶ価値はないでしょう。 また、見積もりなどを書面でもらえるかどうか。書面にしろメールにしろ、事前の見積もりの有無で、あとで起きがちなトラブルも避けられます。葬儀費用はもちろん、寸志や寺院の費用、精進上げなどの料理も含めた総額を書面でしっかり確認しましょう。 そして、式場の情報や手配などのサポートを葬儀社から受けられるか。家族葬の場合、病院に遺体を迎えに行ってどこに安置するか、式場はどこにするかなど事前にシミュレーションできていれば、いざという時にスムーズに流れを運ぶことができます。これらの事前相談にも快く乗ってくれて、式場選びなどもしっかりサポートしてくれる、一緒に足を運んでくれるなど、葬儀社を見極めるポイントになります。