家族葬

お骨上げと初七日法要で締めくくり

家族葬で、葬儀の準備から実際の葬儀、出棺、火葬までの流れをご説明しました。そして最後は、お骨上げと初七日法要でいったん、一連の行事が締めくくりとなります。 お骨上げでは、斎場においてお骨上げの時間まで待つ場合と、その間の時間を利用して休憩を取ったり、精進上げの料理をいただいたりという場合など、拾骨の時間までしばらくの時間をそれぞれ過ごします。 そして、拾骨の時間になると、もし斎場で待機していた場合、斎場から案内が来ますので、拾骨に行きます。現場では、係員の指示に従って、お骨上げを行います。その後、埋葬許可証をもらって帰るのが一般的です。 その後、初七日法要を行います。最近、葬儀の当日に初七日法要まで済ませてしまうのがほとんどのようです。 初七日法要では、法要の式場に到着したら、塩で身を清めて入ります。そして、僧侶に読経してもらい、喪主から順番に焼香します。 以上が、家族葬での葬儀の流れです。一般葬と違って、家族葬はあくまで家族がメインで行われます。家族葬に関する基礎知識はある程度、押さえておいたほうがいいでしょう。葬儀社との打ち合わせや連携もとても大事ですが、費用も葬儀社のいいなりになり過ぎないよう、おおよその金額も把握しておくことが必要です。