家族葬

家族で送る出棺から火葬まで

家族葬は、あくまで家族が主体で行うもの。葬儀社との打ち合わせも必要ですが、おおよその葬儀の流れは把握しておくにこしたことはありません。 では、葬儀が終わっていざ、出棺への流れを紹介します。 出棺する際、故人の遺影写真、骨箱、位牌を、式場から持ち出します。そして、火葬場に移動します。通常、故人より年上の人は火葬場にまで行かないしきたりがありますが、ごく少数の場合、例外もあるそうです。 また、お棺を運ぶ際、真っ黒の霊柩車では目立つため、白い寝台車を使うこともあるようです。これは葬儀社と事前に相談しておきましょう。 そして、火葬場に着いたら、火葬許可証を葬儀社が事務所に提出します。そして、霊柩車もしくは寝台車からお棺を出して、炉前に運びます。 次に、一緒に来た僧侶が読経を行います。その間、僧侶と喪主、そして火葬場に来た親族らが焼香します。 ただし、斎場によって、読経ができないところもあります。また、焼香の代わりに故人の顔を最後に見る「拝顔」を行う場所も。これらは地域によっても違うようなので、土壇場の現地で慌てないよう、事前に知っておいた方がよさそうなポイントです。 最後に、僧侶らの合掌をもって、炉にお棺を納めます。以上が、家族葬での出棺から火葬への流れになります。