家族葬

家族葬での葬儀の流れ

次に、家族葬での葬儀の流れをざっとご説明します。 まず、葬儀の準備です。供花、供物の確認、並べる順番などは、通夜と同じです。 続いて、受け付けなどの役割分担の確認です。香典の受付についてはその有無を事前にしっかり確認しておきましょう。香典の管理を誰がどのようにするかを事前にしっかり決めておくのも大事です。 そして、僧侶が到着したら、式場内に着席します。開式時間になったら、導師が入場して、開式の辞が読まれます。その後、僧侶による故人をしのぶ読経となります。 次に、通夜と大きく違うのが、弔辞や弔電です。もし弔辞や弔電が届いていれば、ここで列席者に紹介することになります。この紹介が終われば、また読経です。 そして、指名焼香です。葬儀では、喪主から名前が読み上げられ、親族、各種団体の代表、一般という順番で呼ばれて、焼香していきます。すべての焼香が終わると読経が続きます。 さらに、導師が退場すると閉式です。そして喪主が会葬御礼挨拶を行います。その後、故人と最後のお別れをします。そして出棺をもって、葬儀は終了となります。 以上が、家族葬での葬儀の一般的な流れです。ただし、地域によってこの流れや内容などには多少の違いがあるので、その点はくれぐれも注意しましょう。