家族葬

家族葬における通夜の流れ

あくまで家族葬でも、通夜はあります。その流れもしっかり事前に把握しておくことが必要です。 まず、通夜の準備です。供花や供物などの並べる順番などを確認します。 次に、受け付けなどの役割分担です。家族葬の場合、会葬者は身内のみなので、受け付けの人間を置かないことも多々あります。ただし、故人と親しかった友人、町内会のメンバー、会社関係の人たちが来ないとも限りません。その場合を想定して、事前に受け付けの役割分担は決めておいたほうが、通夜の流れをスムーズにします。同時に、香典の管理について、辞退するのか、受け取るなら誰がどうするのかも決めておきましょう。 また、僧侶が到着したら、お着替えをしていただきお茶をお出しします。 そしていよいよ式場内に着席します。開式時間になると、導師入場となり、開式の辞が読まれます。その後、僧侶による読経が営まれます。 続いて、焼香です。通夜は通常、指名焼香ではないので、喪主のみ名前を呼んでもらい、あとは随時、焼香に向かうというスタイルです。 さらに、導師が退場して閉会の辞となります。 ちなみに、通夜式終了後、弔問者に対して親族代表があいさつします。もし、出席者が誤う親しい親族のみであっても、喪主がこの通夜式に来てもらったことでお礼の言葉を述べるほうがいいでしょう。 以上が、家族葬での一般的な通夜の流れです。