家族葬

葬儀社と家族葬の打ち合わせ事項

家族葬は、あくまで家族が主体の葬儀です。一方、通常の一般葬は葬儀社がメインで行われます。家族葬はあまり葬儀社が関わらないように思われるかもしれませんが、葬儀社との打ち合わせ事項はしっかり把握しておきましょう。 まず、故人の遺影写真を葬儀社に預けます。特に、着物を着ている写真でなくてもOKで、葬儀社のほうで上手に合成してくれるはず。故人にとって最後の晴れ姿ですから、とてもきれいに写っている写真を選びましょう。 次に、喪服を準備しないといけないのも、打ち合わせでの重要事項。身内のみの家族葬でも喪服は必要です。もし喪服がなければ葬儀社にレンタルを依頼します。 そして、お通夜と葬儀の時間を決めた後、どこの火葬場に遺体を持って行くかを確認します。病院でもらった死亡診断書を葬儀社に預けて手続きしてもらう必要があるからです。 また、僧侶の手配も打ち合わせで決めます。当家でするか、無宗教でするか、葬儀社に紹介してもらうかを決定します。 一方、弔問者の中には、宿泊者がいるかもしれません。もしいて、家族分では足らない場合、レンタルふとんが何組必要かも葬儀社に連絡しましょう。 さらに、喪主が誰かの確認、精進上げの料理数、供物の確認、通夜式終了後の弔問者への親族代表挨拶など、葬儀社との打ち合わせ事項はまだまだあります。