家族葬

家族葬で覚えておきたい基礎知識

一般的に葬儀といえば、家族や親戚から、近所の人々、勤め先、元学友ら、とにかく故人に関わるあらゆる縁やゆかりのあった人々が集まって故人を偲ぶイメージがあるかと思います。そのため、場合によっては、盛大な葬儀を執り行うことになり、その費用も半端ない価格になってしまうことも。 その一方で、家族のみでこじんまりと葬儀を行いたい、費用も抑えたいという人々も増えています。これが「家族葬」です。 家族葬の基礎知識として、いくつか覚えておいた方がいいことがあります。 まず、家族葬は、宗教の有無や宗派を問いません。また、家族葬の参列者は、家族や親族、特に親しかった友人のみに限られることが多いようです。 一方、葬儀につきものの香典は基本、受け取らないのが原則。ただし、もし親戚などから香典をいただいた場合、無理に断らなくてもOKですが、親戚に家族葬である旨、しっかり理解してもらうことが大事です。 さらに、家族葬では、会葬礼状や改装返礼品も必要でないことが多いです。そして式場は、自宅や貸し式場、公民館、集会所などになりますが、家族葬らしく小さめの葬儀場を選ばないといけません。 また、家族葬への参列では、服装にあまりこだわらなくてもいいのもメリットといえるでしょう。以上にあげた家族葬の基礎知識はしっかりと身につけておきましょう。